不動産物件と仕事や環境の便利さ

不動産

不動産物件と仕事や環境の便利さ

不動産関係の話題では、マイホームを購入したほうが良いのか、賃貸で住み続けたほうが良いのかという話題があります。
不動産物件を購入してマイホームとして利用すると、住宅ローンを利用したとしても、最終的に自分のものになるので、賃貸でいつまでも自分のものにならない住まいを借りて家賃を支払うよりも良いという考え方です。
この考え方はメリットやデメリットの考え方というよりも、マイホームが欲しいという満足感や達成感、ステータスなどの精神的な面を重視している方法ということになります。
仕事や住環境を考えると、仕事がしやすかったり、住みやすいところを住み替えながら暮らしていくという方がメリットがあります。
将来どうなるかわからない生活なので、購入しても、そこに住み続けることができるかどうかは、神のみぞ知るということになります。
リスクということを考えると、マイホームの購入は、よほど将来の予測や条件があっているところを選ばない限り、なかなか難しいとなります。