欠陥住宅と不動産物件の考え方と対策

不動産

欠陥住宅と不動産物件の考え方と対策

欠陥住宅が不動産関係の住まいの問題になったことがありましたが、その後は十分注意をして建設をしたり、対策を立てているということで、話題もなくなってきました。
現実はどうなのかは神のみぞ知るということですが、欠陥住宅の見極め方ということでは、新築よりも中古住宅の方がわかりやすいということも言えます。
何年か住んでみて初めてわかるということもあり、新築マンションで欠陥を見抜くということは、ほぼ不可能という状態のようです。
そうなると住んでみることでわかるということになり、中古マンションや住宅の方がわかりやすくなります。
日本では新築住宅が新しいので、何よりも良いという新築神話がありますが、中古の良さを考えて選んでみるということも、住まいの安全ということでは、地位このメリットのひとつということになります。
住まいも今までのように何が何でも新築ということではなく、安全性でも、経済的にも中古住宅を今まで以上に見直すということも必要かもしれません。