不動産物件での商業施設の集積度

不動産

不動産物件での商業施設の集積度

これからの少子高齢化社会では、高齢化しても便利な環境で生きて行けるような不動産物件に人気が集まります。
高齢化すると、どうしても体が動かなくなるので、ショッピングなどでも商業施設が集積している駅などの近くに住みたくなります、病院などもあり、あまり動かなくてもすべてがまかなえるようなところに死んでみたいとなります。
そうなると住環境が良いところで、便利なところということになります。
東京でいえば、中央線沿線のような場所です。
そうすると、交通アクセスも良く、商業施設や医療施設所も充実しているという条件が重要になってきます。
そんな環境の中で、駅前のマンションなどが有望ということになります。
地方の自然の豊かな不動産物件は、あくまでも元気な高齢者用です。
結局は都会に戻っていくということになります。
高齢者だけで田舎暮らしは難しくなるからです。
そうなるとやはり首都圏などや地方でも都会に人々が集中するということになります。